« 音は天地の気が和し、万物が生まれ栄える響き | トップページ | この本には、何十時間ものカウンセリングを受けるのと同じ効果がぎっしり詰まっています »

2013年12月20日 (金)

生きる

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木漏れ日がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして

かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ

生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ

いま生きているということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ

谷川俊太郎 作
ナナロク社 発行
『生きる』、より

« 音は天地の気が和し、万物が生まれ栄える響き | トップページ | この本には、何十時間ものカウンセリングを受けるのと同じ効果がぎっしり詰まっています »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1967763/54321167

この記事へのトラックバック一覧です: 生きる:

« 音は天地の気が和し、万物が生まれ栄える響き | トップページ | この本には、何十時間ものカウンセリングを受けるのと同じ効果がぎっしり詰まっています »