« スピリチュアル・エマージェンシー(精神的・霊的危機状態) | トップページ | 「広めたい」心の奥にあるもの »

2014年1月 5日 (日)

心の「冷え」も「毒」になる

東洋医学の古典には、「草根木皮(そうこんもくひ、漢方薬など)、これ小薬」、「鍼灸、これ中薬」、「飲食衣服、これ大薬」と書かれています。

つまり治療法、健康法のなかで、飲む、食べる、着ることなど日常生活を正しくすることが、最大の薬だと言われている。
さらに、「身を修め心を治むる、これ薬源なり」という言葉があります。
身を慎み心を丸く穏やかに保つことが、薬になるというのです。専門的な技術・知識・薬より、正しい生活が何よりも大事です。

冷えとり医学というのは、まさにこれらを実践するものです。病気は自分でこしらえてしまったものですから、自分で治す。
この態度で臨んでください。

治らないのは治らない生活をしているからで、「治る生活をしていればちゃんと元の健康な体に戻る」のです。
体にある毒をどんどん出してください。出し切って出る毒がなくなれば、健康を取り戻せるという当然のしくみです。

ここでいう毒は、もともとは目に見えないもので、物質的な毒の他に精神的な毒があります。
物質的なものでいうと、放射能やカドミニウムなどはもちろんですが、「甘いものを食べ過ぎたら毒になる」などという言い方をします。この毒は、目にも見えなければ、検査しても出てきません。

精神的な毒は、いわゆる「気のもつれ」のこと、イライラしたり、クヨクヨしたり、頭の中がゴチャゴチャな状態を指します。そのような時は足元が冷えて毒がたまり、血流が悪くなる。そして、体のどこかに古血がたまってしまうのです。

ストレスは毒であり、冷えの原因でもあるのです。
どんなにそれをかわす術を身につけても、いつの間にかそれはたまっていきます。毎日のゴミを捨てるように、毒もこまめに除いていくことで、真の健康につながっていきます。

少しのことでクヨクヨ気に病んだり、イライラすることが多かったり、いつまでもメソメソすることがある、という人は、まず足元を温めてみてください。

人に優しくする余裕がない時、最近なんだか人を信用できないと感じる時なども、試してみてください。
だんだん温まっていくと、自分の心が冷えていたことを感じるでしょう。

心が温まる、ということは安心につながるのです。

冷えがなくなり心身ともに温まれば、不安が減って気持ちも前向きになります。
よく眠れて元気になったり、やる気が出てくる人も多いです。

心の乱れは気のもつれ(毒)となって体にたまり、内臓に悪影響を与えていきます。自分本位な思いは、大きく分けると「傲慢」「冷酷」「利己」「強欲」の4つ。

傲慢:人を見下したり、見下されるのは嫌だと見栄を張る心、また卑屈な気持ちも傲慢の裏返し。何でも当たり前だと、他人に感謝しない心も同様。このような気持ちの人は、肝臓や胆嚢が悪くなりやすい。

冷酷:自分に都合のよいことだけを考える心の冷たさ。他人に対して思いやりがない人は、心臓や血管系統が悪くなりやすい。心筋内でうまくカルシウムイオンが働かず、代謝異常を起こし、腎臓、尿管、胆嚢などに結石ができやすい。結石を繰り返すような人は、冷酷な心で心臓を悪くしていないかどうか反省が必要。

利己:自分の身の安全、安心、安楽だけを求める心。少しでも空腹になるとひもじさを感じ、我慢できずにすぐに飲食をします。そのため消化器を傷めやすく、無精なので肥満体が多い。食べ過ぎの毒が膝や股関節に出て、だんだん歩きにくくなることが多い。

強欲:欲が深い思い。お金や物だけでなく、自分がしている努力や能力以上のものを欲しがる傾向があります。肺・大腸が悪くなりやすく、皮膚病や潰瘍性の病気も引き起こす。強欲な人は、肺が毒を出すのを嫌がってぜんそくになったり、大腸が大便を出したがらず便秘や痔になる傾向があります。

誰でもこの4つ全てをもっていますが、人によってどの傾向が強いか差があるので、かかる病気は千差万別です。
こうした乱れがある程度以上に悪くなってしまうと、腎臓と膀胱が悪くなり、気持ちもだんだん消極的になっていきます。

もし病気になったら、体を心配するよりも、心の反省を先にすべきですね。

心がけで大切なことは、いつも他人本位でいるということです。そして謙虚な気持ちで、自分の悪いところを治そう(直そう)とすることが肝心です。

進藤義晴 著
進藤幸恵 著
PHP研究所 発行
『幸せになる医術 これが本当の「冷えとり」の手引書』、より

« スピリチュアル・エマージェンシー(精神的・霊的危機状態) | トップページ | 「広めたい」心の奥にあるもの »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1967763/54501868

この記事へのトラックバック一覧です: 心の「冷え」も「毒」になる:

« スピリチュアル・エマージェンシー(精神的・霊的危機状態) | トップページ | 「広めたい」心の奥にあるもの »